ディスクのクリーンアップを行って、WindowsXPを軽くする

WindowsXPは、サポートの期限までわずかとなっていますが、そのインターフェイスの使いやすさになれた人が多く、まだ多くのシェアを確保している状態です。
また、対応しているソフトなどを今後も使い続ける必要がある場合などは、スタンドアローンで使用するなどして手元に残す人も少なくありません。
WindowsXPは、その発売から長期間が経過しているため、ユーザーによっては、動作がかなり重くなり、快適に使用できないといった状況も生まれています。こうした動作の改善には、様々な対策方法がありますが、ハードディスクの不要なファイルやデータを消去することでアクセス速度が向上する場合があります。
ハードディスクには使用し続けるうちに、不要なキャッシュや、WindowsUpdateなどの不要なインストール情報、また、無効なショートカットなど、様々な必要出ないデータが蓄積されていきます。こうしたデータを消去し、ハードディスク内の領域を確保するためのツールとしてクリーンアップと呼ばれる機能があります。クリーンアップはコントロールパネルから実行することができ、これらの不要なファイルを自動判別し、消去してくれる機能を持っています。
定期的に行うことで、ハードディスクを健全な状態に保つことができます。