動作が重くなったWindowsXPを軽量化するには

WindowsXPは、発売されてから非常に長い期間にわたりサポートが継続しており、WindowsVistaやWindows7といった後継のOSが発表された後でも継続して使いつづける人が多い人気の高いOSです。サポート期限が迫っているなか、ぎりぎりまで使用するといった動きも多く見られます。
しかし、長期間使い続けるうちに、WindowsXPは、その動作が徐々に重くなり、また、扱うデータなども大きくなる傾向から、快適に使い続けるためには、定期的なメンテナンスが必要となります。また、動作が重くなったOSを軽量化するための様々なツールやソフトも存在します。
重くなる大きな要因として挙げられるのは、メモリの不足と、ハードディスクの断片化によるアクセス速度の低下が挙げられます。
デスクトップの表示や、グラフィカルなインターネットサイトの閲覧など、メモリを必要とする状況は多いため、メモリの増設をすることでこういった問題を解決することができます。また、ハードディスクは、OSに標準装備されているデフラグツールを使用することで、断片化を解消し、アクセス速度を向上させることができます。
また、システムの視覚効果をオフにするなど、負荷を軽減することで、動作が軽くなる効果も得られます。