WindowsXPと外付けhddについて

WindowsXPと言うのは、間もなくサポートが終了すると言うウィンドウズ用のオペレーティングシステムの一つです。

WindowsXPは、2001年に発売されたOSの4番目のオペレーティングシステム(Windows95、Windows98、MEの後継)で、最も安定しているなどと言われ、多くのシェアを持ち続けてきたオペレーティングシステムでもあります。
現在では、WindowsXPからWindows7やWindows8と言ったOSに推移しています。

所で、オペレーティングシステムが進化していくなかで、このWindowsXPは多くのメモリを使う事でも有名で、パソコン自体もこのオペレーティングに見合う性能が要求されていました。

Windows95の頃のハードディスク容量は小さく、メモリも小さいながらも、十分にオペレーティングシステムを動かす能力を持っていたわけですが、オペレーティングシステムが進化すると同時に、これらのハードウェアの性能向上が必要になりました。

メモリを増設したり、ハードディスクの容量を増やすなどをした人は多いものです。

所で、ハードディスクには内臓型のタイプと外付けhddの2つの種類が有ります。
内蔵型のハードディスクはオペレーティングシステムでもある、WindowsXPなどをインストールし、ファイルの保管やバックアップ用として外付けhddを利用する人がいます。

こうする事で、万が一内臓ハードディスクが故障をしても、大切なデータを外付けhddに保存しておけば、大切なデータを失う事が無いと言うメリットが有るのです。