WindowsXPのデフラグの方法について

デフラグは、ハードディスクの最適化の事を意味しています。
ハードディスクは記憶装置と呼ばれるもので、OSやアプリケーションソフトウェア、個人が作成を行った文書データ、音楽や写真などのファイルが格納されている部分です。

ハードディスクは、ファイルの読み書きを可能にする装置で、電源をオフにしても情報が記録された状態を保つと言う特徴があります。

ディスクは、データの削除などを行う事で内部が断片化を起こしていきます。
断片化と言うのは、空き領域と言うものが歯抜けのような状態になることを意味しており、断片化が起きる事で、ハードディスクへの読み書きに支障をきたしたり、データを格納する空き領域が狭くなることからも、空きスペースに入ることが出来ないデータが出てくることになります。

尚、このデフラグを行う事で断片化を無くし、少ない空きスペースを埋めてくれることになります。
一般的に最適化はディスクの先頭部分から空きスペースを埋めていきます。
これにより、小さな複数の空きスペースが無くなるのです。

また、WindowsXPなどの場合は、スタートメニュ、全てのプログラム、アクセサリ、システムツール、そしてディスクデフラグと言う順にメニューを選択していきます。
次に、最適化をしたいハードディスクを選んで、最適化ボタンをクリックすれば最適化が開始されることになります。

尚、これはWindowsXPの場合であり、他のバージョンのOSの場合についても同じような方法で最適化が可能です。