windowsXPを使い続けるのは賞味期限切れの牛乳を飲み続けるのと同じ

windowsXPならそろそろ…… サポート4月で終わるはず。のまえに、データバックアップだね。ちなみにOSはWindows XP。消費期限切れの牛乳を飲み続けることと、サポート切れのWindows XPを使い続けることは同じようなもの。もうすぐサポートが終了してしまう。WINDOWS XPからの買い替えが進まない理由。XPが優れているからではないかと思う。うちも一台XPだから。セキュリティソフトも選択肢。しかしセキュリティ対策ソフトが完全に守れないとメーカー側の見解がある以上買い替えは致し方なしかと諦念。MicrosoftのWindows XPのサポートが終わる…か。ウィルス対策ソフトを入れていても悪意ある者からの侵入を防ぐのが難しいとか。延長サポートの限界。国内PCの750万台がまだXPとか。官公庁もOSの入れ替えが済んでないとか。

MHFを「Windows XP SP3」の互換モードで動かしてみる。「GPU Load」の値は少しはマシになったけど、根本的には改善せず。WindowsXP←最高の安定感と信頼。気分的にWindows XPのサポートが切れるまでにメドレー仕上げたい。LindowsOS
Linuxのディストリビューションの一つ。米リンドウズが開発、販売している。Windowsに近い使い勝手なのが特徴。ハードディスクが要らずCD-ROMだけで起動 利用できるCD版もある。ただし米マイクロソフトが名称使用差し止めの訴訟を起こした。

ワルキューレの伝説。7だと動かず。XPなら互換モードでなんとか動いた。でも、設定画面を選択すると何故か強制終了してしまう。昔デパート屋上でよく遊んだけど、氷の洞窟らへんが限界だったな…。今までのコンピュータ犯罪は、愉快犯が多かったが、金銭目的の犯罪が、増えている。XP サポート終了後金銭目的の犯罪が増える可能性が高い。一番いいのは、XPの機器は、インターネットに繋がないことだ。(jwave)